喫煙室を設けなくてもできる分煙機での環境づくり

喫煙者が喫煙しても周りに悪影響を与えないような環境を作るにはきっちりと分け隔てられた喫煙室を設置しなければならないというのは一時代前のことです。

現在では分煙機の性能が向上していることから、必ずしも部屋を別にしなくても効果的に煙草の煙を除去することができるようになっています。



商談を行う際のテーブルやカウンターに煙の吸い込み機能のついたテーブル型やカウンター型の分煙機を使用すると、その強力な吸い込み機能によってその周囲で発生した煙を直ちに吸い込ませてしまうことができます。

厨房排気の情報を一挙に公開しています。

周囲への拡散はほとんど無視することができるため、これによって周囲にいる人が煙草のにおいにも影響を受けずに過ごすことができます。



わずかな吸い込み逃しの煙を懸念するのであれば、さらに天井埋め込み型の分煙機を設置することによって部屋全体もきれいにしていくことができるでしょう。

テーブル型やカウンター型の分煙機のデザインも各企業から豊富に提供されるようになってきているため、ビジネスの場面において応接室などに設置してもそれほど遜色ないものもあります。メンテナンスサービスなどを提供していて維持や管理に手間もかからないものもあることから、うまく活用していくことによって喫煙する人も喫煙しない人もストレスなく仕事をしたり、サービスなどを受けたりすることができるようにすることができるでしょう。


分煙機の技術の進展は著しいことから、常に最新の状況を知ることが大切です。